コージツのBMS/EDI/CSV管理

荷主様からの出荷指示や入荷予定をBMSや各種EDI、CSVなどのテキストデータ、Excelなど、多様なデータの取り込みを行え、そのデータを基にいち早く荷主様へ指定日までに出荷可能か報告することができます。
BMSやEDIなどの出荷指示データを在庫と合わせて欠品を正します。
また、出荷が広範囲な地区であった場合にも遠方の地区(センター)から
順次出荷させることも可能です。
商品の出荷が決まった時には、
商品別のピッキングリスト (トータルピッキング)を出します。
写真などを交えて、他の商品と取り違わないように扱うことが可能です。
※このトータルピッキングが終了後、それぞれの商品の集積場にこのリストを  貼り付けて、ピッキング看板として活用します。
実際にピッキング作業では、作業者がハンディを用いて 以下のリストの内容をハンディに読み込ませ、その後ハンディが このリスト通りに商品のピッキングを指示しますので、 作業員は先のピッキング看板のバーコードを読み、 指示された商品に間違いが無いことを確認できます。

ハンディから指示された出荷数を取り、ハンディに入力すれば、
次のピッキング商品を指示されます。 ※事故品などが存在し、指示通りに出荷できなかった場合にもハンディから修正が可能です。
これらの出荷データや入荷データ、在庫を荷主様に
Webに公開させていただくことも可能です。 ※閲覧するには操作担当者ごとにユーザーID、パスワードが必要です。
出荷データや入荷データ
入手庫サンプル画面
入手庫サンプル画面
在庫問い合わせサンプル
在庫問い合わせサンプル

ページ上部へ